IFP

サリー大学 International Foundation Year programme

サリー大学のファウンデーションイヤーを終えられますと、学生は学部課程に進むことが出来ます。または、イギリス内のほかの大学に出願することも出来ます。

学位プログラムへの準備

International Foundation Yearはアカデミックな学部課程、学習スキル、英語力などを身につけるための3学期間のプログラムです。このプログラムは留学生が大学で学位プログラムに進むための(direct path to degree study)準備をするために提供されているものです。サリー大学のこのプログラムを受けますと、学生は学位プログラムにおいて成功するのに必要となる能力や知識を身につけることが出来ます。

下記のBAプログラムに向けてファウンデーションルートを選ぶことが出来ます:

  • アカウンティング、ファイナンス
  • ビジネス学
  • 経済学
  • マネジメント学
  • マネジメント科学
  • 国際関係学
  • 法律学
  • 政治学
  • 社会学
  • コンバインドテクノロジー
  • コンピュータ科学
  • 工学
  • コミュニケーション、IT学(ICT)
  • 数学、統計学

サリー大学のファウンデーションプログラムには以下の2つのコースがあり、このどちらかのコースを一定の成績で終えるとサリーで提供しているほぼ全ての学位課程への進学が可能です。

Business, Economics, Law and Politics

Engineering, Science and Mathematics

これらのファウンデーションルートにはアカデミック英語やスタディスキル、プロジェクトなど共通した5つの必修科目があります。それに加えて、それぞれが希望する学位プログラムに合わせて5つの専門科目の履修が必要です。

大学の学習スタイル

サリー大学のInternational Foundation YearはStudy Groupという大学準備プログラムの専門家によって提供されています。授業では学部課程で学ぶ際に経験するであろうイギリスの講義スタイル(チュートリアル、セミナーなど)を経験することができます。

柔軟な入学時期・期間

International Foundation Yearでは9月からの学位プログラムの開始にむけて、10月、または1月どちらからでも始めて準備をしていくことが出来ます。プログラムを始める段階の英語力や学位プログラムで必要とされている英語力に合わせて、英語のクラスは年の中で4つの開始時期の中から選んで始めることが出来ます。 10月と1月の年2回入学日を設けています。英語コースは6月と9月に始まります。

評価・評定

学生はコース全体を総合して評価されます。これによって学生がその後進んでいく学位プログラムやコースにむけて必要な基本的な条件などを満たしているか、そのレベルに向けて進歩したかをしっかりと確認することが出来ます。コースの中での活動や課題、学期末の特別な課題などを通してそれぞれの学生の成長や進歩が確認されていきます。また、学生は課題の一環として長文エッセイやいくつかのプレゼンテーションをこなしていかなければなりません。

英語準備プログラム

サリー大学のInternational Foundation Yearを始めるにはIELTS5.0に相当するレベルの英語力がなければなりません。このレベルに達するためにさらに英語語学トレーニングが必要な場合は、まずInternational Study Centre から提供されているEnglish Language Preparation (ELP)に参加することをおすすめします。

このインテンシブコースではプログラム参加に必要なIELTS5.0レベルまで学生の英語力をのばします。もしあなたの英語力がIELTS4.0レベルの場合、この英語トレーニングを少なくとも1学期間受けなければなりません。1学期間のこのコースに入学するにはIELTS4.0レベルの英語力が必要です。

寮について

サリー大学は住み心地のよい宿泊施設に恵まれ、12種類の寮から選択することが可能です。2500近い部屋には個別シャワールームが備えられ、全ての寮は自炊設備を完備し、学生は自由に料理するか、またはキャンパスのレストランやカフェを利用することができます。サリー大学は今後もキャンパス環境の向上にむけて設備投資をしていく予定です。初期段階として700人の学生が利用可能な学生ビレッジを建設します。2010年の完成とともに、より多くの寮、フラット、バスルーム付き寮を提供することが可能となります。

最新のニュース