大学院について

大学院について

イギリスの大学院は、みなさんの専門分野を追及する最高の機会を提供します。1年間から4年間までのコースがあり、アート、自然科学、社会科学、人文学など、何千ものコースから選択できます。柔軟で多様なイギリスの高等教育システムは、みなさんが、自分に最適のコースを見つけることを可能にしています。

コースの種類

修士号準備コース

専門分野の知識や英語力が、修士号への入学条件を満たしていない場合に受講します。1学期間から1年間までのコースがあり、専門科目や文化的な背景の勉強と、語学の研修が含まれます。多くのコースが、特定の大学における修士号コースへの進学を保証しています。

サーティフィケート/ディプロマ-

ポストグラデュエイト・サーティフィケートやディプロマのコースは、1年間の講義主体のコースで、通常、研究活動は含まれません。教育やマネージメントなど、関連する分野の専門的な資格として認定されることが多く、就職にたいへん有利な資格です。

講義主体の修士号― Taught masters (MA, MSc, LLM, MEd など

講義主体の修士号コースは、通常1年で、授業への参加と研究というふたつの要素が含まれます。講義やセミナーに出席し、レポートの提出や試験などで、規定のモジュール(単位)を取り、さらに、独自の研究をもとに学位論文を提出します。

研究修士号- Research masters (MRes, MPhil)

研究修士号コースの場合、通常、授業には出席せず、研究を専門に行います。

成績は、学位論文のみで決まります。

MBA- Master of Business Administration

MBA は、1年間のビジネスを専門に勉強する講義主体のコースで、上級管理職や経営者になるための大きなステップになります。MBA は、大学院の最も有名で人気のある修了資格です。

博士号-Doctorate (PhD)

PhD は博士号のことで、取得するのに3~4年かかります。ひとつの研究に取り組み、最終的に、約10万語の学位論文を提出します。

研究と講義が複合された新しい博士号(ニュールート PhD) - New Route PhD

ニュールート PhD には、授業への参加と研究活動の両方の要素が含まれます。複数の分野を関連づけながら勉強することができます。

イギリスの大学院に入学するためには、イギリスの大学または外国で、学士号を取得している必要があります。学士号は、ポストグラデュエイト・サーテフィケートやポストグラデュエイト・ディプロマ、修士号、そして 博士号 へと進むための基礎になります。関連する科目の学士号(イギリスの学士号で first または upper second に相当する優秀な成績)と、IELTS 6.5以上の英語力が必要になります。 それぞれの入学資格は以下を参照して下さい。

  • 修士号準備コース: 学士号と IELTS 5.0~5.5
  • ポストグラデュエート/サーティフィケート/ディプロマ: 学士号と IELTS 6.5~7.0または、修士号準備コース修了
  • 修士号: 優秀な成績の学士号 (first class または upper second class )と、IELTS 7.0
  • MBA: 学士号と2~3年の職務経験、IELTS 6.5~7.0
  • 博士号 修士号と IELTS 6.5~7.0

 

留学の費用

イギリスの大学院では、どこで勉強しても、授業料に見合う、質の高い教育が受けられます。授業料は学校により、かなり異なりますが、だいたいの目安をご紹介します。各学校のウェブサイトから、各学校の授業料を調べることができます。

授業料の目安(年間)
アート・人文系コース £ 7,000~ £ 17,500
理系コース £ 7,500~ £ 23,500
医学系コース £ 10,000~ £ 28,500
MBA £ 4,000~ £ 30,000以上

大学院の授業料には、図書館や豊富な研究資料、最新のコンピュータ施設や実験室、充実したスポーツ施設や音楽室、演劇スタジオなどの利用料も含まれています。さまざまな文化の入り混じるモダンで進歩的な環境で、勉強したり生活したりすることは、またとない貴重な体験になるでしょう。

学校やコースの選び方

イギリスの大学院で取得できる資格の質は、厳しく管理されていて、それは、イギリスの資格が世界中で高く評価される理由のひとつになっています。審査結果は、多くの場合、オンラインで公表されているので、自分が選んだコースがどのように評価されているか調べることができます。

Quality Assurance Agency ( QAA )は、イギリスの高等教育が、国際社会の認める高い水準を保つようにするための活動をしています。詳しくは www.qaa.ac.uk をご覧ください。

数年に一度、イギリスのカレッジや大学が行っている研究の質を審査する Research Assessment Exercise ( RAE )が実施されています。2008年度の審査結果が発表されました。

また、Unistats のウェブサイトには、大学院レベルのコースに関する情報を、さまざまな分野で提供しています。このサイトには、全国の学生を対象にした調査結果や、卒業生の進路に関する情報も掲載されています。www.unistats.com/

入学手続き

大学院のコースへの出願は、入学を希望する大学やカレッジに、直接申し込みをします。出願できる大学の数に制限はありませんが、6~8校くらいに絞って申請することをおすすめします。

早い段階で、定員に達するコースもあるので、時間に余裕をもって準備しましょう。入学を希望する前年の10月から11月ごろまでに、準備を始めるのが理想的です。入学する年の8月まで出願を受け付けるコースもありますが、遅くても4月までには準備を開始しましょう。

情報収集や、出願時に必要な推薦状の手配に要する時間や、出願してから合否の結果が出るまでに、数週間かかることも考慮に入れておきましょう。

オンラインで入学の申し込みができる学校リスト

http://www.ukeducation.jp/unilist/

寮について

サリー大学は住み心地のよい宿泊施設に恵まれ、12種類の寮から選択することが可能です。2500近い部屋には個別シャワールームが備えられ、全ての寮は自炊設備を完備し、学生は自由に料理するか、またはキャンパスのレストランやカフェを利用することができます。サリー大学は今後もキャンパス環境の向上にむけて設備投資をしていく予定です。初期段階として700人の学生が利用可能な学生ビレッジを建設します。2010年の完成とともに、より多くの寮、フラット、バスルーム付き寮を提供することが可能となります。

最新のニュース