メディアセンター

出願者数増加について、インディペンデント紙が取材

2013年2月28日

出願者数の38%増加という1月の本学の発表はイギリス全土から注目を集め、先日、本学副学長がインディペンデント紙からその背景にある大学の努力について、インタビューを受けました。

サリー大学は、直近7年の間、入学者のレベルを向上させることに努めており、昨年の全学部平均Aレベル取得スコアはAABとなりました。同時に、世界トップクラスの職員や、学習研究設備の向上に取り組み、現在ではイギリスでも有数の学生生活が遅れる環境へと変化したことは、全国学生調査の結果からも証明されています。

2013年入学への出願で最も人気があったのは、Chemical Engineering, Chemistry, Physics, Biosciences, Business, Economics, English, Law そしてPoliticsです。

イベントのページへ戻る

寮について

サリー大学は住み心地のよい宿泊施設に恵まれ、12種類の寮から選択することが可能です。2500近い部屋には個別シャワールームが備えられ、全ての寮は自炊設備を完備し、学生は自由に料理するか、またはキャンパスのレストランやカフェを利用することができます。サリー大学は今後もキャンパス環境の向上にむけて設備投資をしていく予定です。初期段階として700人の学生が利用可能な学生ビレッジを建設します。2010年の完成とともに、より多くの寮、フラット、バスルーム付き寮を提供することが可能となります。

最新のニュース