メディアセンター

政府による研究資金を獲得し、産学連携を加速させます

2012年11月21日

サリー大学は政府による総額6000万ポンドの産学連携資金の投入対象となる、一流高等教育機関の一つに選ばれました。この資金は優れた研究アイデアをビジネスの成功と結びつけるため、新規事業会社の設立や、産学連携及びアントルプレナーシップの促進に役立てられます。

同資金は英国における科学研究への主要な資金提供機関であるthe Engineering and Physical Sciences Research Council (EPSRC)を通して提供されます。‘Impact Acceleration Accounts’として知られるサリー大学は146万ポンドを受領する予定で、初段階の研究成果をビジネスチャンスへと活かす為の取り組みに活かされます。

The funding will also allow Surrey to fund secondments for scientists and engineers to spend time in a business environment: improving their knowledge and skills and returning to the lab with a better understanding of the way companies operate and the challenges they face.

Professor Steve Williamson, Vice-President and Deputy Vice-Chancellor, Research and Innovation at the University of Surrey, comments: “We are delighted to receive an Impact Acceleration Account (IAA), which recognises the value of the pioneering research we are carrying out here at the University of Surrey.  This follows on from Surrey’s successful EPSRC Knowledge Transfer Account (KTA) of £3.85m, one of only twelve universities to receive such an award.  

We are very excited about the opportunities the IAA gives us as it will enable us to work with UK industry and manufacturers to take research out of the academic environment, to solve problems that industry is facing and work together to give the UK a competitive edge.”  

The Business Secretary Vince Cable made the announcement during a visit to the London studios of university spin-out company Space Syntax, an SME which uses advanced urban modelling techniques to design better cities and public spaces in the UK and overseas such as the redevelopment of Trafalgar Square and the replanning of Jeddah in Saudi Arabia.

イベントのページへ戻る

寮について

サリー大学は住み心地のよい宿泊施設に恵まれ、12種類の寮から選択することが可能です。2500近い部屋には個別シャワールームが備えられ、全ての寮は自炊設備を完備し、学生は自由に料理するか、またはキャンパスのレストランやカフェを利用することができます。サリー大学は今後もキャンパス環境の向上にむけて設備投資をしていく予定です。初期段階として700人の学生が利用可能な学生ビレッジを建設します。2010年の完成とともに、より多くの寮、フラット、バスルーム付き寮を提供することが可能となります。

最新のニュース