大学の紹介

サリー大学 学校紹介

サリー大学はBattersea College of Technology を前身に、1966年、大学に改称されました。キャンパスは治安がよく美しい自然が残るサリー州ギルフォードにあります。国際的な大学として長い伝統があり、現在世界145カ国以上から2500人を超える留学生が学んでいます。当校では生物・生命科学、電気・コンピューター数学、技術工学、健康医学、人文科学、言語学・法学・国際学、ホスピタリティ、観光学、物理化学などの幅広いプログラムを提供しています。学術的知識はもちろんのこと、実践的スキルの習得にも力をいれたプログラムには定評があり、卒業生の就職率は英国内でトップを誇ります。The Gurdian University Guide 2012では総合19位となり、観光・ホスピタリティ、電気工学、社会学、心理学はトップ10にランクインしています。

寮について

サリー大学は住み心地のよい宿泊施設に恵まれ、12種類の寮から選択することが可能です。2500近い部屋には個別シャワールームが備えられ、全ての寮は自炊設備を完備し、学生は自由に料理するか、またはキャンパスのレストランやカフェを利用することができます。サリー大学は今後もキャンパス環境の向上にむけて設備投資をしていく予定です。初期段階として700人の学生が利用可能な学生ビレッジを建設します。2010年の完成とともに、より多くの寮、フラット、バスルーム付き寮を提供することが可能となります。

寮について

サリー大学は住み心地のよい宿泊施設に恵まれ、12種類の寮から選択することが可能です。2500近い部屋には個別シャワールームが備えられ、全ての寮は自炊設備を完備し、学生は自由に料理するか、またはキャンパスのレストランやカフェを利用することができます。サリー大学は今後もキャンパス環境の向上にむけて設備投資をしていく予定です。初期段階として700人の学生が利用可能な学生ビレッジを建設します。2010年の完成とともに、より多くの寮、フラット、バスルーム付き寮を提供することが可能となります。

最新のニュース